津島市・愛西市・あま市・弥富市・大治町・蟹江町・飛島村における在宅医療介護連携支援センターの取り組みについて説明します。

海部医師会・津島市医師会 在宅医療サポートセンター海部医師会・津島市医師会 在宅医療サポートセンター

在宅医療・介護連携支援センターとは?

医療や介護を必要とする高齢者の方が、自宅など親しみ深い環境で療養し、自分らしい生活を続けられるよう、在宅医療や介護サービスなど、関係機関の切れ目のない連携を実現するため、在宅医療・介護連携支援センターが設置されました。

海部医療圏

在宅医療と介護の連携に関する相談を受け付けます。

  • 海部医療圏(津島市、愛西市、弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛島村)の医療・介護関係者や地域包括支援センターなどから相談を受け付け、医療と介護関係者の連携調整や、必要に応じて、地域の医療機関や介護事業者などの紹介もおこないます。

在宅医療と介護の切れ目のない連携を推進します。

現状の医療・介護体制を見極め、改善点を検討する。

  • 海部医療圏の医療・介護サービス資源の把握。
  • 在宅医療・介護連携の課題を見極め、改善策の検討。

医療・介護の関係機関との連携体制を築き、人材を育成する。

  • 医療・介護に携わるスタッフの研修。

海部医療圏における在宅医療と在宅介護の連携図

海部医療圏における在宅医療と在宅介護の連携図海部医療圏における在宅医療と在宅介護の連携図

旧在宅医療サポートセンター事業の内容はこちら