海部医師会の病院への患者紹介、検査依頼体制(病診連携システム)
医師にかかるとき、日常の軽い病気は「かかりつけ医(開業医)」で、診断や治療に高度な医療機器 や専門的技術などを必要とする難しい病気は病院で、と言った医療機関の使い分けが大切です。
診療所(かかりつけ医)と病院との相互間での患者さんの紹介をスムーズに行うのが病診連携事業です。
海部医師会では、基幹3病院(海南・尾陽・津島市民)との間で、ファックスを利用した効果的な「検査依頼システム」・「患者紹介システム」を持っています。
患者さんは、かかりつけ医からの連絡で、速やかに、病院で必要な検査や治療がうけられます。
また、逆に病院から、通院に便利なかかりつけ医を紹介して貰うこともできます。
 
病診連携システムの流れ
病院では入院の他に検査、診察のみも含まれております。


海部医師会の寝たきり老人訪問診察、看護体制(在宅ケアシステム)
寝たきり等で通院できない患者さんは、定期的に訪問診察を受けることができます。
海部郡医師会会員の多くはこの事業にも積極的に取り組んでおり、参加登録医のリストは関係諸機関に送付してあります。
訪問診察を希望される患者さんがありましたら、かかりつけ医、海部医師会、または役場の担当課(厚 生・福祉・民生課など)にご相談ください。

ホーム 会長のあいさつ 今月のトピックス 運営機構 病診連携 救急診療体制 海部医師会MAP 町のお医者さん

E−mail:info@ama.aichi.med.or.jp (医師会事務局)

ホームへ戻る!